のぼりのクエスチョン解決します

MENU
軍用品として戦地で活躍したのぼり旗
MENU
のぼり旗の布地は種類がいろいろ
MENU
のぼり旗のデザインは重要
MENU
のぼり旗を設置する間隔に注意!
MENU
のぼり旗の設置方法とお店のイメージ
MENU
のぼり旗の寿命は3ヶ月!
MENU
のぼり旗を購入する方法
MENU
のぼり旗の弱点ってなんだろう

軍用品として戦地で活躍したのぼり旗

「のぼりのクエスチョン解決します」main_image

現代は主に広告として用いられるのぼり旗はかつて、軍用品として戦地で活躍し、日本中に広まっていきました。

軍用品として戦地で活躍したのぼり旗

竿を台座に固定して、無人で旗を掲げることのできる『のぼり旗』。

そののぼり旗は現代では主に広告として用いられることの多いもの。

商店や神社などで目にするものがほとんどではないでしょうか。

のぼり旗の専門店(イタミアート楽天市場支店)を見ると一枚から注文が可能となっており、チェーン店のような大規模店だけではなく個人店のような小規模なお店の需要も大きいであろう事が推測できますね。

その他にものぼり旗は大相撲の会場や歌舞伎の劇場、商店街、選挙運動やデモ行進などでも使われています。

のぼり旗には意外と古い歴史があるのですが、現代とは使われ方がまったく異なります。

昔から使われていたのぼり旗の主な役割は、いつも戦場にありました。

平安時代では、自軍と敵軍を見間違わないために、また軍の誇りとして兵士によって掲げられるものでした。

室町時代でも、武家の間で起こる争いの中で、敵と味方を識別するために現在ののぼり旗の原形が作られ、全国に広まっていったといいます。

このように、のぼり旗は軍用品としての役割を認められ、盛んに用いられることで日本中で親しまれるようになったのだそうです。

のぼりのクエスチョン解決します Copyright (C) www.openpma.org.